ボードゲーム「プエルトリコ」攻略レビュー集


出荷型の勝ち方 前編〜プエルトリコ攻略レビュー集

出荷型のプレイで一番気をつけるべきことは、

 

他プレイヤーより多くの製品を生産し、それを出荷させることです。

 

まずは出荷から考えてみましょう。

 

出荷は基本、3種類の製品しか出荷できません。

 

ですから、多くの製品を出荷するにはどう考えても、1つの製品を集中して

 

生産したほうが効率がいいですね。そういう意味でもトウモロコシは最適です。

 

開拓者を取るかどうかで、トウモロコシのタイルが一枚しかなかったら、

 

積極的に取りに行ってもいでしょう。

 

 

 

さて、1つの製品に集中しても他プレイヤーがタバコやコーヒーを1つだけ置いて

 

妨害してきたら・・・これはかなりきついことになってしまいますね。

 

その船がいっぱいになるまで、出荷が制限されます。

 

故に…ですが、出荷型が1人しかいない場合、苦戦は必至です。

 

出荷型が勝つのは、実は他に同じタイプがいるときが多いのです。

 

 

 

ここで、建物の「造船所」を建てれば解決する・・・かもしれません。

 

ですが、出荷型にとって9ダブロンを貯めるのはかなり難しいことです。

 

多くの場合、「小さな倉庫」に留まるのでないでしょうか。

 

出荷型にとって製品を腐らせることは致命的なダメージにつながるため、

 

倉庫系の建物を1つは必ず建てておくべきです。

 

 

 

出荷型が台頭してくると、他プレイヤーは製品を作る「監督」のタイルを

 

取りづらくなってしまいます。すぐに「船長」タイルで出荷されてしまうからですね。

 

自分が「監督」タイルをとって、他のプレイヤーが「船長」を取っても

 

ちゃんと出荷できるような状況にまでくれば勝ちは目前ですね(^-^)



このエントリーをはてなブックマークに追加